2015年07月30日

SDON技術の利点と特徴

SDON技術は、三つの主要な利点を有します。まず、それが効果的に異種ネットワーク間の相互接続を解決することができます。のOpenFlowおよび他の関連する契約は、オブジェクト指向の対話制御インターフェースの開発を拡大することを介してアクセスネットワークとコアネットワーク、データネットワークと光ネットワーク、ケーブルネットワーク、その結果、異種のネットワーク情報の抽象化とクロスレイヤネットワーク制御の統合を可能にしますと無線ネットワークとの間で新たな異種ネットワークアーキテクチャの統一制御システムを設定します。第二に、光ネットワークの構成は、ユーザーのニーズを満たすために。ネットワーク機器、業務と販売の使用における柔軟性のために、それはより速く必要なサービスを実現することができます。第三に、SDONは、光ネットワークリソースの仮想化管理をもたらすことができます。これは、より良好なネットワークリソースの使用を最適化できるオープン統一資源管理プラットフォームを介して、ネットワークインフラストラクチャリソースの利点を再生するためにネットワーク機器OTN製品の全範囲をカバーすることができます。これは、主に次のような階層制御アーキテクチャのマルチドメインSDONの側面を備えています:

1、APPのアプリケーション層、Orchestratorの全体制御層、単一のドメインコントローラ層、及び光ネットワークデバイス層は、全体の構造は、4つのレベルに分割されます。

2、Orchestratorの全コントローラとNBIフォーカスAPPアプリケーション層インタフェースは繧インターフェース機構を使用しています。安らかなメカニズム建築様式は、NBIのオープン制御SDONを達成するように、簡単で効率的な、疎結合、拡張性と他の技術的利点を達成するために、なしの状態で、WEBサービスを描画し、プログラム可能な定義可能なおよび他の技術的特徴、自然な技術を提供しますサポート。

3、SBIは以前より良い事業者の円滑な展開を満たし、これらのネットワークデバイスのネットワーク相互運用性のSDONを確保するために展開可能な互換性WASONな限り単一のドメインコントローラ層をインタフェースと光ネットワーク装置とOTNネットワークの層の間、アイデアの段階的な進化をアップグレードします。
ラベル:SDON 技術は OTN
posted by Alang at 16:44| Comment(0) | network | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

今年の終わりに中国のネットワークの建設投資、400億超えます

省、チーフエンジニアによると、最近の記者会見でのスポークスマン張風水速​​度はコストがネットワークの構築をブリーフィング減らします。 2015年のネットワーク構築への投資への投資を刺激する観点から435億元で、10%の増加に達すると予想されます。

チャン風水は、今後2年間は投資以上の7000億元であること、および間接的に上流と下流産業チェーンへの投資が直接関係して後押しすると発表しました。

2015年に消費の促進にスマートフォン、コンピュータ、インターネット、4Gモバイル端末が販売4億に近いと予想された以上1600000000000元の他の端末販売につながります。

雇用促進の面では、今年の国民の雇用のネットワーク事業100万人以上の人々が、最も重要な分野の一つである「公共事業、人々の革新」。

チャン風水は、速度低下のための実装コストは、社会的な関心の省は、基本的な電気通信事業、出版スピードのコストを削減するための具体的措置の導入を促すなど、タスクの分割の三つの側面と14詳細な作業に、明確な責任を集束28を上げたことを指摘しましたと分裂の実施を加速、ブロードバンドを促進するための効果的なソリューションを置く共同書簡建設部門と他の部門は、研究プログラムをステップアップ、電気通信市場の民間資本の自由化を加速し、市場での競争を促進、迅速に通信のユニバーサルサービス補償機構を改善し、農村のブロードバンドのサポートの構築のために財政を増やします「入学難しい」問題。

チャン風水によると、月のように、今年、中国の光ファイバカバー世帯のサイズに達する3.35億、三年以上前に、7倍以上、8Mbpsののと3年前にブロードバンド億人を超えるユーザー、ほぼ6倍以上の使用、モバイルブロードバンドユーザー(3G / 4G)640以上の百万円となりました。約束通り省は毎年、ネットワーク速度のタスクを実装するようにしてください、企業を促すだろう、平均関税レベルの帯域幅の終了前に、モバイルと固定ブロードバンドトラフィックユニットの実現はセントのターゲットごとに30を切断しました。
posted by Alang at 18:10| Comment(0) | network | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

PMC Release DIGI-G4 targeting metro network 400G OTN switching

Recently, PMC officially launched the industry's highest density single-chip n × 10/40 / 100G of DIGI-G4 OTN processors. It is reported that, DIGI-G4 to capacity (P) -OTN line card expansion to four times, and the power consumption per port decreased by 50%. In addition, DIGI-G4 via low-latency 100G OTN encryption to protect the security of cloud data and provide flexibility from 1G to 100G bandwidth expansion on-demand services.

Kevin So PMC Communications Products Division, senior product manager, told reporters on the market using multiple FPGA-400G line card, it will call multiple devices, high power consumption, to reduce the power consumption can only make sacrifices in functionality such as reducing the number of channels, customer types of restrictions. The single chip can bring greater scalability and performance, such as a single device can complete 4x100G OTN carding and exchange, and to achieve in the case of non-destructive function reduces power consumption by 50% per port.

In addition, DIGI-G4 OTN also provides cloud and SDN design innovative solutions. DIGI-G4 OTN uses the industry's first sub-wavelength OTN encryption technology. Kevin So said the traditional OTN wavelength level encryption only supports a single network client and point to point architecture, DIGI-G4 is OTN sub-wavelength level encryption, support for multiple network clients OTN switching and network architectures.

In addition, DIGI-G4 can help achieve new data center WAN transmission platform. Kevin So expressed, DIGI-G4 is a highly integrated SoC, safe, low power consumption, and data-center applications optimized, its "rack & stack" can effectively extend optical bandwidth WAN. DIGI-G4 also provides operators get certified OTN switching SDK. "DIGI SDK has been in China, North America and Europe has been field-proven, the fact that it not only reduces equipment expenses for research and development, but also greatly shorten the time to market." Kevin So said.

In KevinSo opinion, PMC developed chip will effectively support the rapid development of global broadband market. "IP video and data centers by the impact of the rapid development of cloud and other services, is expected in 2013 - 2017 Metro traffic will grow more than four times, which makes more enthusiastic countries operators to deploy 100G network bandwidth utilization rising further. "Kevin So said.

"100G + OTN switching + security" has become a popular metro network infrastructure, fiber capacity can be increased by 10 times, to enhance the utilization of fiber resources for more than 40%, so the deployment of 100G for operators is very favorable. Currently the world's ten largest operators, there are nine in the deployment of OTN switching network.

"China is deploying 100G and OTN switching fields are leading the world, China's three major carriers all deployed 100G and OTN switching technology." KevinSo said, "in 2014, only China Mobile to deploy a 100G OTN ports will account for about 25% of the global total, China's telecommunications manufacturers have introduced a scalable 100G OTN switching products.

" In March 2015, Premier Li Keqiang announced a landmark "Internet +" initiative, plans to promote the cloud, things have become China's next growth engine. To this end China's State Council has explicitly requested to improve China's backbone optical network, it is foreseeable that China will be accelerated to MAN 100G OTN replacement. KevinSo believes that China is bound to consider the next step carriers upgrading to 400G, 400G is converged packet per slot and OTN switching platform (P-OTN), and a compact, secure, optimized for data center interconnects 100G solution, which means the communication industry, a huge business opportunity.

Kevin So pointed out that the industry is now faced with the same problem that the existing infrastructure is based on 100G design, and must be in the same frame size and power base conditions required to support 400G. "Every slot capacity upgrade from a previous 100G to 400G, can not be increased while the size of the line card, power consumption must be reduced by half, continue to use conventional processor can not be achieved." Kevin So said, "DIGI-G4 is the In order to solve this problem and launched, it can help communications companies achieve a series of design requirements. "
posted by Alang at 15:45| Comment(0) | network | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。